高級デリヘルを検索

地域で選択

待遇を選択

年齢・経験について
出勤シフトについて
お金について
その他の待遇

麻布・白金・広尾のデリヘル求人 | ナイショワーク

閑静な高級住宅地として、戸建てやタワーマンションが立ち並ぶ麻布・白金・広尾エリア。
芸能人・財界人などの邸宅も多くあります。
各国の大使館も集まっているため、外交官を対象にした飲食店も盛んなんですよ。

風俗店は少なく、麻布エリアでお店を探す人は少なめ。
ですが接待でデリヘルが使われることはあります。
富裕層が会する地域なので、高級店や会員制のお店がほとんど。

これから麻布エリアのデリヘル店と、その特徴をご紹介します。
麻布・白金・広尾でデリヘル求人をお探しの方はぜひ、ご参考くださいね。

麻布・白金・広尾にあるデリヘルの特徴

麻布・白金・広尾は、富裕層が多く住んでいる地域。
激安店・一般店よりも、高級店の需要が高いんですよ。

そのため日給の平均は6~8万円と他のエリアより高額。
ロングコースやデートコースがでることもあり、1か月で100万円以上を稼ぐ女性もいます。

働いている女性は20~30代と若め。
素人・清楚・大学生・OLといったコンセプトのお店が多いですね。
麻布・白金・広尾のデリヘルは、六本木・渋谷といった繁華街まで出ることもあり、稼ぎやすいエリアと言えるでしょう。

待遇の充実したお店が多くあるのも、高級店が盛んな麻布エリアの特徴。
日給保証・自由出勤OK・寮完備・仕事道具支給など、応募の際は確認してみましょう。

麻布・白金・広尾のデリヘルは、リピーターを抱えているので、安定した集客が見込めます。
そのため長く経営しているデリヘル店が多く、掛け持ちせずひとつのお店で働いている女性がほとんどです。

客単価がいいことが、働きやすさに繋がっているんですね。
1日に何人もサービスするのはちょっと…そんな方にうってつけといえるでしょう。

とくに高級店なら、日給10万円以上も珍しくありません。
稼ぎやすさと環境の良さを重視するなら、麻布・白金・広尾エリアがおすすめです。

麻布・白金・広尾にあるデリヘルの客層

高級住宅地である麻布・白金・広尾。
大使館や料亭といった、大人がゆっくり楽しめるエリアでもあります。

年齢層は30後半~50代と、他の地域よりもやや高め。
経営者・フリーランス・著名人・政府関連のビジネスマンが主な客層です。

遊びに来た若者や酔っぱらいなどは少なく、働きやすい環境と言えるでしょう。

ラブホテル・ビジネスホテルよりも、リッツカールトン東京やホテルザグランツなどの高級ホテルが主な出先。
もしくはタワーマンションや邸宅になることが多いです。

麻布エリアを利用する方は、単純なサービスよりも心の癒やしを求める傾向があります。
お客様の話に耳を傾けたり、笑顔でサービスできれば指名にも繋がりやすいですよ。

風俗業界から見る麻布・白金・広尾の歴史

今でこそ高級住宅地として有名な麻布・白金・広尾ですが、かつては江戸の人口増加・拡大によってつくられた馬場でした。
次第に人が集まり工業化が進む中で、花街・演芸場・映画館・デパートが立ち並んだんです。

高低差のある麻布周辺。
低地に商店街、高地に富裕層の邸宅といった街の形になっていったんですよ。

麻布・白金・広尾の風俗ですが、昔から盛んではありませんでした。

それはすでに新宿が風俗街として台頭していたこと。
麻布・白金・広尾エリアには鉄道がなく、利便性が良くなかったことも要因だと言われています。

その代わりバブル期に最盛を迎えていたディスコや、近隣の富裕層・大使館を対象にした高級料理店が集まりました。
また低層地域では、昔から続いている佃煮屋・タイ焼き屋・和菓子屋といった下町の趣も残り、風情ある街並みがつくられていったんですよ。

白金・広尾方面は武家屋敷があったこともあり、今でも毛利庭園・有栖川宮記念公園といった名残があります。
日本初のカトリック女子大学のひとつである聖心女子学院高等専門学校。
後身である聖心女子大学は、日本でも有名な女子大学ですね。

風俗との繋がりは薄いですが、麻布・白金・広尾に住む層を対象にしたデリヘル店は多くあります。
店舗型が少ないのも、地価の高さや昔ながらの町家が残っているからでしょうね。

芸能人や外国人が利用することもある麻布エリアは、高級店の需要が高い街。
麻布・白金・広尾でデリヘル求人を探すときは、自分の働きたいスタイルを大切にしましょう。
探せば必ず、あなたに合ったお店がみつかりますよ。

下町と高級住宅街が混ざり合う、麻布・白金・広尾の魅力

麻布・白金・広尾は駅の建設が遅かったこともあり、バスやタクシーといった交通手段が発達している地域。
近年になり駅はできましたが、ターミナルとしての役割はありません。
そのため商業施設の乱立は少なく、昔ながらの景色が今も残っていますね。

江戸時代から続く麻布十番商店街には、300軒ものお店があると言われています。
その中でも創業100年を超えた、豆源・浪花屋総本店・千鳥屋総本店・更科堀井などの老舗は観光地のひとつ。

白金には瑞聖寺・古池老稲荷神社・東京都庭園美術館・松岡美術館といった、文化的施設が数多くあります。
シロガネーゼという言葉が生まれたほど、セレブな街として今なお人気ですね。

広尾には毛利庭園・有栖川宮記念公園があり、都心のオアシスともいえるでしょう。
他にもフランス菓子の銘菓ルコント・フレンチフライの専門店アンドザフリット・シドニー郊外をイメージしたボダインカフェなど、広尾ならではのお店が多く、訪れる人たちを飽きさせません。

下町の趣と、高級店の気品が混ざり合う麻布・白金・広尾に、心惹かれる方が多いのではないでしょうか。

「麻布十番商店街を散歩したい!」
「きみちゃん像って知ってる?」
「NATIONAL AZABUで買い物していこう!」

今もどこかで、こんな声が聞こえてきそうですね。

心地よい喧騒と静寂な街並みがある、麻布・白金・広尾。
あなたの願いも、この街ならきっと叶いますよ。