風俗と昼職の掛け持ちはOK?ラクに稼げてバレない副業

「昼職の収入だけじゃ生活でいっぱいいっぱいだし…貯金する余裕なんてないよ…」

今のお給料に満足できず、さらに収入を得るために風俗で副業を始めようかな?とお考えかもしれません。
そうは言っても、

「会社の人にバレちゃったらどうしよう…」
「ちゃんと両立できるのかな…」
と不安になり、一歩を踏み出せない方も多いと思います。

ですが、職場にバレずに副業をする方法があるので安心してください。この先、昼職にバレず副業をする方法と、副業にピッタリの業種についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

風俗の副業がバレてしまう原因

風俗で副業することを考えたときに、
気になるのは「会社の人にバレてしまわないかな?」ということではないでしょうか?

副業がバレてしまう原因は、
接客中、会社の人と鉢合わせする
副業で稼いだ分の住民税が会社に通知される
の2つです。

これから会社の人と鉢合わせすることなく、住民税で副業がバレないようにする方法を詳しくお伝えしていきます。

会社の人と鉢合わせすることを防ぐ方法

多くの会社では「従業員には業務だけに集中してほしい」という考えから、副業を原則禁止としているので、バレたときは副業をすぐ辞めるように注意されます。

最悪、減給や解雇(クビ)になってしまうことも…。
そのため、風俗で副業する場合は会社の人と鉢合わせしないように気を付けなければなりません。

風俗には、
・1つのお店に勤務する店舗型(ソープランド・ファッションヘルスなど)
・特定の店舗を持たずお客様が居るホテルへ出向く派遣型(デリヘルやホテヘルなど)
の2通りの働き方があります。

店舗型の場合、いつどんなお客様が入ってくるか分かりません。
「対面したら知り合いだった…」
実際にこんなことが起これば、気まずいどころの話ではありませんよね。

モニターが設置されているお店では誰が入ってきたかを確認できますが、もしかしたら知り合いかも?というレベルでは拒否すること出来ません。

それに対して派遣型の場合、働ける地域を選べ、知り合いと鉢合わせするリスクのある自宅や会社の周辺のお仕事をすべてお断りすることが出来るため、店舗型よりもリスクなく働けますよ。

鉢合わせを防ぎたい方は、派遣型の方が安心して働けると思いますよ。

住民税で副業がバレないようにする方法

会社の人との鉢合わせを防げても、副業で稼いだ分の住民税が職場に知られることで、バレてしまうケースもあります。こちらも、職場に知られない方法があるので安心してください。

稼いだお金は「給与所得」と「報酬」に分かれ、風俗の収入は報酬になります。報酬の場合、住民税を自分で支払えるので副業している事がバレないのです。

ただし、確定申告の書面で「自分で納付」を選択しなければ、お住まいの市町村から職場に通知され、副業がバレてしまいますので気を付けましょう。
詳しくは下記の図をご参照ください。

※千葉県柏市役所ホームページ「平成21年度から適用される個人住民税の税制改正について」より引用

自分で納付にチェックマークを入れるだけ(☑自分で納付)で、
副業が会社にバレることはありません。

また、2016年1月に導入されたマイナンバー制度により、個人の所得が税務署に把握されやすくなるので、副業で稼いだ収入が報酬に該当する場合は、その合計額を正しく申告しなければなりません。

「マイナンバーと税金の関係」や「確定申告の行い方」につきましては、当サイトのマイナンバーページで詳しくご説明していますので、参考にしてくださいね。

会社に副業がバレてしまう原因は、「接客中の鉢合わせ」と「住民税」の2つありますが、「派遣型のお店を選ぶ」「住民税を自分で納める」ことで解決するので、うまく両立することが出来ますね。

会社にバレずに、安心して働けるのは分かったけど、
「どの業種で働けば良いんだろう」
こんな疑問が出てくるかもしれませんね。

答えはデリヘルですが、なぜデリヘルなのか具体的に紹介していきます。

副業・掛け持ちにピッタリの業種はデリヘル!

風俗のお仕事はどの業種を選ぶかによって、今のお仕事への影響や収入額が大きく異なります。数ある業種のなかで、最も副業・掛け持ちに向いているのがデリヘルです。

副業・掛け持ちで、デリヘルが選ばれる理由は次の3つ

  • 1.会社の人や地元の知り合いにバレにくい

    これまでにお伝えしてきましたが、派遣型の方が安心して働けます。
    デリヘルは特定の店舗を持たない業種なので、働ける地域もさまざま。職場や地元周辺の仕事をNGにすることも出来るため、会社の人や地元の知り合いとの鉢合わせを防げます。

  • 2.24時間働ける

    デリヘルは唯一24時間営業が法律上認められていて、他の業種よりも出勤時間に融通が利きやすく、昼職との両立がしやすいです。店舗型の場合には、深夜12時までの営業と決まっているので、昼職との掛け持ちの場合働ける時間が制限されてしまうんですね。

  • 3.大衆店と高級店が明確に分かれている

    風俗には大衆店と高級店が存在しますが、特にデリヘルではその差は明確、1日に稼げるお給料も大きく異なります。高級店の場合1日に100,000円以上稼げるお店もあるので、副業の場合には大衆店よりも高級店を選ぶ女の子が多いです。

このようにデリヘルは、お昼の仕事に影響を与えにくく稼げるので、風俗を掛け持ちで働く女の子から人気の業種なんです。

当サイト「ナイショワーク」では、
副業・掛け持ちに適したデリヘルを、営業許可証の確認できた高級店のみに絞って掲載しています。

「1日にどの位稼げるの?」
「短期でも働けるのかな?」
「お店ではどんな女の子が働いているの?」

店舗ページでは、あなたに合ったお仕事を見つけられるよう、このような情報を載せています。

あなたの希望する条件で、お仕事探しをしてみてください。

未経験ガイドTOPに戻る