デリヘル等の風俗嬢がスカウトマンを通すと危険?
トラブル回避のコツ

最近、漫画や映画でその存在が広く知られるようになった、水商売や風俗など夜のお仕事のスカウトマン

実際に、
「お姉さん、キャバクラとか興味ない?」
「風俗で働いたらめちゃめちゃ稼げるよ」
と声をかけられたことがある女性も、いらっしゃるかもしれません。

法律が厳しくなって、現在では多くの都市で路上での声掛けは禁止されています。ですから大きな歓楽街では、その姿はめっきり見かけなくなりました。

それでも、まだ取り締まりが強化されていない都市ではスカウトマンが多くいますし、路上からは撤退したものの喫茶店やSNS上で声をかける人もいます。

ここでは、スカウトマンとはどんな仕事なのか、女の子にはどのようなメリットとデメリットがあるのかをご紹介します。安心して働くためのポイントもお伝えしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

スカウトマンとは

夜のお仕事のスカウトマンは、その名の通り「女の子をスカウトする」ことです。
キャバクラなどの水商売や風俗では、人の入れ替わりが多く、常に人材不足に悩まされています。

ですからお店側も女の子の確保に苦労しています。
そんな時に役に立つのが、スカウトマン。

風俗店で働けそうな女の子を見つけてお店に紹介するのがスカウトマンの仕事。
その女の子が実際に働きだせば、そのお礼として女の子の売り上げの一部がもらえます。

キャバクラなどでは一人紹介したら何万円、というような契約が多く、デリヘルなどでは「紹介したら何万円」プラス「女性が働き続ける限り毎月その女性の売り上げの一部が報酬になる」という契約が多いです。

つまり、もしも売り上げの10%がもらえる契約で、月に100万円稼ぐ女性を4人担当できたら、そのスカウトマンはそれだけで月に40万円を稼げるというわけです。

ですから、とにかく働いてくれる女の子が欲しいんですね。
どうにかして稼いでくれる女の子を見つけたい。
だから、スカウトにも熱が入るのです。

では、スカウトマンはどんな女の子に声をかけるのでしょうか。

こんな人はスカウトマンに声をかけられやすい

ここでは、スカウトマンに声をかけられやすい女の子の特徴をご紹介します。
はじめに断っておくと、彼らはあまり厳選せずに声をかけます。
数撃ちゃ当たる、という考えです。

その上で、成功しそうな(=風俗の仕事をしてくれそうな)女の子からどんどん声をかけていくのです。

そんな女の子に当てはまる条件は、
・お金に困っていそう
・だらしなさそう
・他人に褒められたい、認めてほしいと思っていそう
だということ。

そう見られがちな女の子の特徴を挙げると…

頭がプリン(髪を染めているが、根本が伸びていて染め直せていない状態)

忙しくて美容院に行く時間がない、という方もいらっしゃると思います。
でも、スカウトマンには「髪を染め直すお金がないのかな」「プリン状態を気にしていないのかな」と映る可能性も…。

ブランドのコピー品、あるいは本物のブランドでも一番安いものを持っている

ブランド品への憧れが強いけど、買うお金に困っているのかも…と思われるかもしれません。
もちろん、そのデザインが好きで使っているんだ!
という方もいらっしゃるでしょう。

でも、スカウトマンの中には「ブランド品をもっと買えるようになるよ」という言葉で落とせる!と思う人もいるのです。

服やカバンに年季が入っている

お気に入りのものを長く使うのはとても良いこと。
ですが、穴が開いたままだったり汚れが目立っていると、「買い替えるお金がないのか、無頓着なんだな」と思われがちです。

露出の高い服装をしている

女性にとってはおしゃれ感覚の、露出度高めなファッション。
ですがこれも、スカウトマンによっては
「まわりから注目を浴びたくてあんな恰好をしているのかな?」
「風俗だったらスタイルを褒められることもあるし良いかも!」
と思って声をかけてくる人も。

また、暇そうだったり気だるそうだったり、特に用もないのに街に繰り出している人も、同じように見られがちです。

いかがでしょうか。
何故かいつもスカウトマンに声をかけられて困っているという方は、これらのことが当てはまっていないか、一度チェックしてみると良いかもしれませんね。

反対に、風俗のお仕事に興味があって、スカウトマンに声をかけられてみたい、と思っている方はこのような恰好や行動が参考になるかと思います。

これで、スカウトをゲットしてくださいね!
…と、言いたいところですが。

その前に、スカウトマンを通すことのメリットとデメリットもお話しさせてくださいね。

スカウトマンを通すメリットとデメリット

何事にも、メリットだけでなくデメリットがあるものです。
ここでは、スカウトマンを通して働くメリットとデメリットについてご紹介します。

まずは、メリットから。
スカウトマンを通して働くと、

・お店との条件交渉をスカウトマンがしてくれる
・相談に乗ってくれる
・スカウトマンの管轄内の店情報を教えてくれる
・自分に合っているお店を紹介してくれる

といったメリットがあります。
初めて風俗のお仕事をする方は、この世界ことを何も知らない状態ですよね。

そんなとき、親切なスカウトマンと組むことができれば手取り足取り教えてくれますし、相談にも乗ってくれます。ただし、裏を返せばこんな可能性があるデメリットも。

スカウトマンにとって有益なように情報が操作される

スカウトマンも、ボランティアでやっているのではありません。
生活がかかっていますから、必ずしも女の子のためだけを思っているとは限らず、自分がより稼げるお店を優先的に紹介していることだってあります。

お店と手を組んでいる

「このお店本当はこの子には向いてないな…」と分かっていながらも、女の子不足でとにかく紹介してほしいお店から好条件を突き付けられたら、そのお店を優遇するスカウトマンもいます。

なかなか辞めさせてくれない

女の子に働いてもらわないと稼げませんから、女の子の離職率はスカウトマンにとって死活問題です。そう簡単には辞めさせてもらえません。

なかには、わざとホスト遊びや高級品の楽しみを覚えさせて借金を作らせるなどといった悪質な行為を取る人もいます。

色恋管理にはまってしまうと女の子がしんどい

色恋管理とは、女の子に惚れさせて自分の支配下に置く管理方法。
実際に付き合うこともあれば、もてあそぶだけの時もあります。
好きな人のため、ということで女の子は頑張ってしまうその心理を利用しているのです。

トラブルに巻き込まれて火の粉を被る可能性がある

お店とスカウトマンとのトラブルに巻き込まれたり、違法行為をしたスカウトマンの道連れになってしまったり。こういったリスクも少なからずはあります。

実はAV業界へのあっせんが目的だった

はじめはお店を紹介しておいて、だんだんとより稼げるAVの話にスライドさせるという人もいます。はじめから、それが目的なのです。

などなど。
正直なところ、スカウトマン次第なのです。
本気で「女の子に良いお店を紹介して、幸せになってもらいたい」と思って一生懸命サポートしてくれるスカウトマンに当たれば良いですが、「女の子は商売道具」としか思っていない人が多いのも、現実です。

一概にスカウトマンが悪いとは言えませんが、リスクを考えれば、彼らを通すのは避けた方が良いかもしれませんね。

スカウトマンを通すメリットが、求人サイトでも得られるのであれば、まずはそちらを使うことを強くお勧めします。

スカウトマンと同じメリットを得られる求人サイト

先ほど、スカウトマンを通すメリットが、求人サイトでも得られるのであればまずはそちらを使うことを強くお勧めしました。

ここで、スカウトマンを通すメリットをおさらいしましょう。

・お店との条件交渉をスカウトマンがしてくれる
相談に乗ってくれる
・スカウトマンの管轄内の店情報を教えてくれる
自分に合っているお店を紹介してくれる

の4点でしたね。
このメリットのほとんどを得られる求人サイト、それが「ナイショワーク」です。
ナイショワークは、高級デリヘル店に特化した求人サイト。

高級店は、利用料金が高く利益がしっかり取れるため、その利益をお店の女の子へのサポート体制強化にも充てているんです。もちろん、女の子のお給料も高額ですよ。

また、その料金に見合ったサービスを提供するため、お店のスタッフも細かいところまで気を遣える有能な人ばかり。何か心配事があるときには女の子からお店のスタッフに相談できるほど、信頼関係を築けるところが多いんです。

また、ナイショワークでは、お店ごとの情報をたくさん載せることをモットーのひとつにしています。

・どんな雰囲気のお店なのか
・どんな女の子に合っているのか
・面接に通りやすいのはどんな女の子なのか
・お給料などの条件はどうなっているのか

などを細かく掲載しているので、複数のお店を比べて自分にピッタリのお店を探せます。また、条件の交渉ができるお店も多数ありますよ。

スカウトマンを通すのと同じメリットがあって、安心してしっかり稼げる高級デリヘル店は、以下から探すことができます。ぜひチェックしてみてくださいね。

風俗コラムTOPに戻る