高級デリヘルを検索

地域で選択

待遇を選択

年齢・経験について
出勤シフトについて
お金について
その他の待遇

池袋・大塚のデリヘル求人 | ナイショワーク

新宿・渋谷と並ぶ3大副都心のひとつ池袋。
8路線からなる巨大ターミナルで、1日271万人もの利用者がいます。

池袋パルコ・東武百貨店・西武百貨店・東京芸術場・サンシャインシティなど…。
老舗デパートや観光地があり、都内外から人が集まります。

夜になると見せる、飲み屋街・風俗街・ラブホ街が賑わう歓楽街としての姿。
遊びに来る人が多く、誰でも通える価格設定のデリヘル店が多いです。

これから池袋・大塚のデリヘル店と、その特徴をご紹介します。
池袋エリアでデリヘル求人をお探しの方はぜひ、ご参考くださいね。

池袋・大塚にあるデリヘルの特徴

池袋・大塚はデリヘルのニーズがとても高いエリア。
とくに激安店・一般店が多く集まっているので、昼夜問わず人の流れは絶えません。

池袋エリアの特徴として、コンセプト店がたくさんあります。
学生コスプレ・人妻・女子大生・ぽっちゃり・痴女・素人・熟女といったものから、AF専門・ブロンド専門・イマラチオ専門・SM・ニューハーフといったコアなお店まで。

地方にはないコンセプト店が目立つので、出稼ぎに来る女性も少なくありません。

お店によって変わりますが、日給の平均は2万円ほど。
激安店・一般店が主流なので、日給の平均は高くないと言えるでしょう。
ただ高級店になれば、10万円を超えることもありますよ。

コンセプト店が多いため、働く女性の年齢は20~60代と幅広くなっています。
自分のステータスに合ったお店が見つけやすいのは池袋ならでは。

池袋エリアは風俗が盛んなので、他の地域まで移動することは少ないです。
池袋だけで働きたいと思っている人にはいいですね。

デリヘル店によっては、日給保証・自由出勤OK・寮完備・制服貸与など、待遇が充実したお店もあるので、応募の際は確認してみましょう。

競合がひしめき合っている池袋エリア。
デリヘル店の移り変わりは激しいため、いくつか掛け持ちしながら働きやすいお店を探す女性が多くいます。

安定した集客ができているのは、池袋エリアだと高級店のみ。
稼ぎたい人は、高級デリヘル店の求人から探してみましょう。

池袋・大塚にあるデリヘルの客層

池袋・大塚でデリヘルを利用するお客様の年齢や収入はさまざま。
学生・ビジネスマン・フリーター・経営者など、20代~60代まで幅広く池袋のデリヘルを利用しています。

池袋・大塚の場合、遊びに来た方の利用が多く、ラブホテルでの仕事がメイン。
激安店・一般店になると、酔っぱらいや荒っぽい男性が増えるので、働きやすいとは言えないかもしれません。

富裕層を対象にした高級店になると、サンシャインシティプリンスホテル・ホテルメトロポリタン東京池袋・センチュリオンホテル池袋といった有名ホテルで仕事ができることも。

高級店は風俗の楽しみ方がわかる紳士が多く、酔っぱらいや自分本位の男性はほとんどいません。
激安店・一般店と比べると、働きやすい環境がありますね。

池袋エリアは、プレイを楽しもうというお客様が集まりやすい街。
風俗慣れしている人も初めての人も、コンセプト店が多い池袋に来れば、自分にあったお店が見つけやすいんです。

そのため客待ちの時間が少なく、効率的に稼ぎやすいといえるでしょう。
ただお客様が多いために、出勤数を増やしてと言われることも。
高級店では完全予約制のお店が多いので、自分のペースで働きたい方にはおすすめです。

風俗業界から見る池袋・大塚の歴史

今でこそ3大副都心のひとつですが、江戸時代の池袋は農村。
人もまばらなこの地は辻斬りも多く、今でも辻斬り被害者鎮魂の供養塔が残っています。

池袋が栄えはじめたのは、鉄道が整備されてから。
田端駅への支線を増やすために、立地の良かった池袋が選ばれたんです。

駅ができたことで京浜百貨店・西武百貨店・豊島師範・立教大学などが集まり、農村から繁華街へと姿を変えました。
巣鴨プリズンの跡地に池袋サンシャインシティが建設され、繁華街としての池袋を決定づけたといえるでしょう。

ですが戦後に闇市があったり、墓地・孤児院・巣鴨拘置所があったことから、あまりいいイメージのない池袋エリア。
駅前が発展するごとに、人は他の地域へ移り住んでいったんです。

空いた住居に人を呼ぶため安くなった賃料。
そこに出稼ぎにきているアジア系外国人が集まる流れが生まれました。

そのため池袋は都内でも外国人人口が高く、働き口として風俗店が増えるのも、自然の流れだったのかもしれませんね。

とくに新宿歌舞伎町を中心に行われた浄化作戦のあと、逃れた多くの風俗店が池袋に流れ込んできました。
コンセプト店が多いのも、こんな理由があったんです。

未開の地から急激に発展した池袋は、いろいろな地域から出稼ぎに人が集まりました。
労働層を対象にしているため、激安店・一般店が多い傾向があります。

トルコ風呂・回春マッサージ・ヌード劇場・金髪パーティ・イメクラなど、多様な業種があったのも池袋ならではですね。
当時はマンションやアパートの一室で、無許可のまま営業するお店も少なくありませんでした。

新宿に次ぐ歓楽街として有名になった池袋。
271万人もの人々が行き交い、夜も眠ることはありません。

池袋エリアでお店を探すときは、あなたの譲れないものを大切にしましょう。
激安店から高級店、ノータッチソフト店からハード店まである池袋なら、きっとあなたに合ったお店が見つかりますよ。

都心への玄関口、池袋の魅力

8もの線が通る、巨大ターミナル駅の池袋。
高崎・栃木・横浜・埼玉へつながるので、都心への玄関口といっても良いでしょう。

超高層ビルのサンシャイン60・ナムコナンジャタウン・国際水族館・コニカミノルタプラネタリウムは、お出かけスポットとして有名ですね。

繁華街の印象が強い池袋エリアですが、鬼子母神・護国寺・東京カテドラル聖マリア大聖堂といった文化施設もあるんですよ。

最近ではアニメイトを中心に、乙女ロードと呼ばれる通りもできました。
アニメ・マンガ好きの方なら、一度は訪れてみたいのではないでしょうか。

芸術・歓楽・文化が入り乱れた池袋に、心惹かれる方は多いと思います。

「立教大学のオープンキャンパスに行こう!」
「サンシャインシティで遊びたい!」
「東京芸術劇場で演劇を観ようか!」

今もどこかで、こんな声が聞こえてきそうですね。

どんな人でも受け入れてくれるスケールがある、池袋。
あなたの願いも、この街ならきっと叶いますよ。