高級デリヘルを検索

地域で選択

待遇を選択

年齢・経験について
出勤シフトについて
お金について
その他の待遇

新宿のデリヘル求人 | ナイショワーク

日本有数の歓楽街・オフィス街である新宿。
老舗デパート・専門店・飲食店・超高層ビルなど、昼夜を問わず人の流れが絶えません。

1日350万人が行き交う新宿には、ニーズに合わせたデリヘル店が数多くあります。
これから新宿エリアのデリヘル店と、その特徴をご紹介します。

新宿エリアでデリヘル求人をお探しの方はぜひ、ご参考くださいね。

新宿にあるデリヘルの特徴

新宿はデリヘルのニーズが高く、他の地域よりも稼ぎやすい環境があります。
また、地方にはないコンセプト店がたくさんあるので、出稼ぎに来る女性も少なくありません。

お店によっても変わりますが、日給の平均は4万円ほど。
高級店になると、10万円を超えることもあります。

コンセプト店が多いため、働く女性の年齢は20代から60代と幅広い特徴があります。
自分のステータスに合ったお店が見つけやすいのは新宿ならでは。

デリヘル店によっては、日給保証・自由出勤OK・寮完備・仕事道具支給など、待遇が充実したお店もあるので、応募の際は確認してみましょう。

競合が多いため、新宿のデリヘル店は移り変わりが早い方です。
同じお店で長く勤めるよりも、いくつか掛け持ちをして働きやすいお店を探す傾向があります。

安定した集客ができているのは、新宿エリアでは高級店のみ。
稼ぎたい人は、高級店の求人から確認してみましょう。

新宿にあるデリヘルの客層

新宿でデリヘルを利用するお客様の年齢や収入は様々。
20~60代まで、一般の方から富裕層までたくさんいます。

新宿の場合、遊び・出張・冠婚葬祭などで新宿に来た人の利用も多く、ラブホテルでの仕事がメイン。
常に清潔な環境でできるのは、新宿のメリットかもしれませんね。

富裕層を対象にした高級店だと、ヒルトン東京・パークハイアット東京・京王プラザホテルといった有名ホテルで仕事ができることも。
新宿の夜景を見下ろすスイートルームに、思わず感動したという話もあるんですよ。

風俗慣れしている人も、初めての人も、コンセプト店が多い新宿に集まりやすいです。
そのため客待ちの時間が少なく、効率的に稼ぎやすい特徴があります。

ただお客さんが多いために、出勤数を増やしてと言われることも。
高級店では完全予約制のお店が多いので、自分のペースで働きたい方にはおすすめです。

風俗業界から見る新宿の歴史

新宿が今のような一大風俗街になったのは、戦後間もない頃からだと言われています。
新宿界隈では闇市や飲食店が発展し、多くの人が集まりました。
そこから男性向けサービスが生まれるのは、自然の流れだとも言えるでしょう。

飲み屋街に人が流れ、遊客が声をかける。
今の花園神社・ゴールデン街界隈での日常風景だったと思うと、時代は変わっても人の心は同じなのかもしれませんね。

いつしか新宿遊郭として人気になった新宿エリア。

1957年に売春禁止法が施行され遊客の姿は消えましたが、代わりに店舗運営型のヌードスタジオ・トルコ風呂(ソープランド)などが点在する地域になったんです。

そして高度成長の流れもあり、映画館・ボウリング場・バッティングセンター・ラブホテルといった施設が新しく生まれ、新宿界隈は東洋一の歓楽街とまで言われるようになりました。

歌舞伎町を中心に、テレクラ・ノーパン喫茶・ピンサロ・ヘルス・ソープ、店舗を構えた風俗店が一気に増えたのはこの時期ですね。

2002年頃には新宿エリアから風俗店を取り締まる浄化作戦が行われ、300店舗以上が摘発。
これがきっかけになり、無店舗型のデリヘルが増え始めました。

今では日本で最もデリヘル店が多い新宿。

350万人もの人々が行き交う新宿は、ニーズに合わせたコンセプト店が多くあります。
大学生・人妻・美熟女・コスプレ・都会系・OL・ロボット・AV女優など、大衆店から高級店まで様々。

新宿でデリヘル求人を探すときは、自分の働きたいスタイルを大切にしましょう。
探せば必ず、あなたに合ったお店がみつかりますよ。

日本の中心、新宿の魅力

世界最大級のターミナル駅である新宿。
JR・私鉄・地下鉄、合わせて13もの線が通っており、ファッションやビジネスの中心地になっています。

新宿エリアに集まるお店は10,000店以上。
2016年には新宿駅南口に、高速バスターミナルのバスタと隣接したNEWoMAN(ニュウマン)が出来たのは記憶に新しいかと思います。

入場無料で新宿の街が一望できる東京都庁舎。
四季折々の姿を見せる、都会のオアシス新宿御苑。
昭和の名残がある、ゴールデン街や思い出横丁。

今と昔が混在し、唯一無二の魅力で溢れる新宿に、心惹かれる方は多いのではないでしょうか。

「ブルックリンパーラーで、本に囲まれながら本場のハンバーガーが食べたい!」
「バルト9で深夜から映画を楽しもうかな」
「一度で良いからルミネtheよしもとに行ってみたいんだよね」

今もどこかで、こんな声が聞こえてきそうですね。

ないものがない街、新宿。
あなたの願いも、この街ならきっと叶いますよ。