「ピルを購入できるのって産婦人科だけなの?」
「費用をおさえたいけど、安全面も重視したいなぁ」

ピルの購入を検討している方は、こんな疑問や考えをお持ちかもしれません。


ピルの購入方法は、産婦人科、ネット通販、診療アプリの3つ。
料金や処方までの流れ、取り扱っているピルなどがそれぞれ違います。

メリット・デメリットを理解した上で、購入先を選ぶのが後悔しないコツですよ。


今回は、ピルを購入する方法の料金や安全性、サービスを比較!
各々のメリット・デメリットとあわせて、オススメ順にランキング形式で紹介します。

手軽にピルを買えるサービスもお伝えするので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。





ピルの購入方法を比べてみた!オススメはオンライン診療アプリ

ピル料金比較表

 
産婦人科
ネット通販
初診料
ピル料金に含まれる
1,000円~5,000円
-
検査料
-
3,000円~5,000円
-
低用量ピル
(1ヶ月分)
3,980円〜5,600円
平均2,671円
1,500~3,000円
アフターピル
9,980円〜12,000円
平均10,610円
3,000~8,000円

※個々の産婦人科やアプリ、通販サイトによって価格は違うため、あくまで参考としてご確認ください


ピル処方サービス比較表

 
産婦人科
ネット通販
医師の診察
あり
あり
なし
医師への相談
無料
有料
なし
内診・検査
なし
任意
なし
ピルの信頼性
受取までの期間
最短翌日
当日
1週間~
ピルの種類
・超低用量
・低用量
・中用量
・アフター
・超低用量
・低用量
・中用量
・アフター
・低用量
・アフター

こちらは、ピルを購入する方法の料金や処方の対応をまとめた表です。


比較した結果、ピル購入にもっともオススメなのはオンライン診療アプリ

オンライン診療アプリは、スマホで医師の診察・ピル処方をしてもらえます。
医師の判断にもとづいて医療機関を通したピルを購入できるので、安全性が高いです。

ほかにも、医師への相談が無料でできたり最短翌日にはピルが手元に届いたり…
産婦人科とほとんど変わらない料金で、安全かつ手軽にピルを購入できますよ。


産婦人科は、直接医師の診察や内診・検査を受けられるため信頼度の高さは抜群。
ただ、ピル以外に診察・検査料が上乗せされるので、割高に感じやすいですね。

通う手間や時間、料金を考えた上で、オンライン診療アプリを選ぶ女性も多いですよ。


ネット通販は費用を圧倒的におさえられますが、安全面が心配です。
医師のバックアップは皆無ですし、ピルの品質も保証されていないので非常に危険。

購入する際はすべて自己責任になってしまうため、あまりお勧めできない方法です。


それでは、一つひとつの購入方法について詳しく解説していきますね。


第1位:オンライン診療アプリ 手軽かつ安全・迅速にピルを購入できる

第1位:オンライン診療アプリ 手軽かつ安全・迅速にピルを購入できる

オンライン診療アプリのメリット

面倒な予約や待ち時間は一切不要!スマホでピルが購入できる

医師の診察を受けた上で適切なピルを処方してもらえるので安心

医療機関を通した信頼できるピルだから安全性が高い

無料で医師や看護師、薬剤師に相談できるサービスあり

最短翌日にはピルが自宅に届くので突然必要になっても大丈夫

産婦人科での診察・処方と料金に大きな差がない

オンライン診療アプリのデメリット

医師の診断によっては産婦人科の受診が必要

オンライン診療アプリのメリットは、何といってもスマホですべて簡潔すること。

産婦人科に行く手間や長い待ち時間、対面診察のプレッシャーなど…
これらすべてをカットして、自宅にいながら手軽にピルを購入できるんです。


また、スマホで医師の診察・ピル処方が受けられるため、安心して服用できます。
適切な種類を選んでもらえますし、医療機関を通したピルだけだから安全ですよ。

さらに、チャットで医師に無料相談できるオンライン診療ならではのサービスも。
産婦人科と料金もほぼ同じですし、手軽かつ安全にピルを買いたい方にぴったりです。


ただ、検査や処置が必要な場合は、産婦人科に行かなければなりません。
問診で問題なければすぐ処方してもらえるので、一度利用してみるといいですよ。



第2位:産婦人科 医師の対面診察とリスク回避で安心感はピカイチ!

第2位:産婦人科 医師の対面診察とリスク回避で安心感はピカイチ!

産婦人科のメリット

医師に直接診察・ピル処方してもらえるので安心感はピカイチ

ピルの服用方法や副作用など注意点を医師に教えてもらえる

ピル処方と一緒に検査や内診を受ければリスクを回避できる

診察した当日にピルが持ち帰れるので緊急時に対応しやすい

かかりつけの産婦人科があれば万が一のときすぐ相談できて安心

産婦人科のデメリット

通院する手間や長い待ち時間が面倒

産婦人科に行くことや医師と診察に抵抗がある方も…

産婦人科のメリットは、医師に直接診察してもらえるため安心感があること。
処方の際に検査や内診のある病院も多く、ピルのリスクをきちんと回避できます。

また、かかりつけの産婦人科があれば、万が一のときすぐ相談できるのもポイント。
診察当日にはピルを持ち帰れますし、緊急時の対応ではもっとも安全・確実です。


デメリットは、ピル処方のたびに産婦人科に通う必要があること。

忙しくて時間がなかったり、産婦人科への通院や医師との診察に抵抗があったり…
こんな理由から、ピルの購入になかなか踏み出せない女性も少なくありません。

産婦人科に行けない方は、まずオンライン診療アプリを試してみるのも◎ですよ。



第3位:ネット通販 費用はおさえられるけど安全性はイマイチ

第3位:ネット通販 費用はおさえられるけど安全性はイマイチ

ネット通販のメリット

ピルの費用を圧倒的におさえられる

医師を通さずにネットで簡単に購入できる

診察を受ける必要がないためアフターピルの事前購入OK

ネット通販のデメリット

医師のバックアップがないため適切なピルを購入できない

ピルの安全性や品質の保証がなく購入はすべて自己責任

万が一健康被害があっても医療費の給付が受けられない

海外から輸入代行しているため到着まで1週間前後必要

「ネット通販」と呼ばれていますが、実際にはピルの輸入代行サイト
購入者の代わりに、海外から日本へピルを輸入する手続きや発送をしてくれます。

ピル代と送料だけで済むので、費用を大幅におさえられるのがメリットですね。


ただ、ピルの安全性や品質が保証されていないため、安易に利用するのは危険。
偽物や粗悪品を購入すると、望まない妊娠や健康被害が起こる可能性が高いです。

万が一トラブルがあっても、医師の介入がないため医療費の給付は受けられません
ピルの知識が豊富で自分で責任を負える方でなければ、利用は避けた方が賢明ですよ。

ピルの購入なら、医師がついている産婦人科やオンライン診療アプリが安心です。


オンライン診療アプリを利用するならスマルナ!安全・迅速にピル処方

オンライン診療アプリを利用するならスマルナ!安全・迅速にピル処方

ピルの購入方法3つを比較し、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しました。


料金や安全性、手軽さなどを考えると、ピルの購入はオンライン診療アプリが一番

でも、ひとくちにオンライン診療アプリといってもさまざまあります。
スマホで検索すると色々ヒットして、どれを選べばいいかわからないですね。


そこでオススメなのが、安全・迅速にピルを購入できると評判のスマルナです。


スマルナのオススメポイント

スマホで医師の診察・ピル処方が受けられる注目度急上昇中アプリ

担当する医師はすべて病院に勤務している現役医師だから信頼できる

国内で認可・流通している安全性の高いピルだけを取り扱い

超低用量・低用量・中用量・アフターと希望に合わせたピルを処方

登録からピル処方まではたったの1時間!スキマ時間に利用しやすい

テキストチャットorビデオ通話の2種類から診察方法を選べる

医師・看護師・薬剤師にチャットで質問できる無料相談室あり

料金はピル代・診察料・送料込みで産婦人科とほとんど変わらない

最短翌日には自宅にピルが到着するから緊急のときも安心

無地梱包&中身がわからない荷主・品名だから誰かにバレる心配なし

スマルナの気になるポイント

18歳未満の方は診察・ピル処方が受けられないので注意

医師の判断によっては医療機関の受診が必要

スマルナは、知名度が高く、多くの女性がピルを購入しているオンライン診療アプリ
スマホで利用できるのはもちろん、安全性や対応力の高さで人気を集めています。


スマルナは、登録から問診・医師の診察・ピル処方がたったの1時間程度。
診察はテキストチャットかビデオ通話ですし、スマホ一つですべて完結します。

また、病院に勤務する現役医師が、あなたの希望にあわせて最適なピルを処方。
国内で認可・流通している信頼性の高いピルなので、安全に服用できますよ。


ピルについての疑問や不安があれば、医師や看護師、薬剤師に無料相談OK
チャットで気軽に質問できて返信もスピーディーだから、安心感もバッチリです。


さらにスマルナでは、診察から最短翌日にピルが自宅に到着します。

無地の梱包で荷主は医師名、品名は雑貨になっているので、中身がわかる心配は不要。
家族や彼と同居していて、内緒でピルを購入したい女性にとっても好評なんですよ。


スマルナの料金は、ピル代・診察料・送料・システム料がすべてまとまっています。

低用量ピル1ヶ月分の値段は、3,980円〜5,600円。
初診料や検査代、交通費などを考えると、産婦人科の料金とほとんど変わりません


スマルナを利用すれば、産婦人科に行く手間なく、安全・迅速にピルを購入できます。
登録や医師への相談は無料なので、まずはダウンロードしてみるのがオススメですよ。

スマルナのダウンロードは↓からできるので、ぜひご活用くださいね。



ピルの購入方法に悩んでいる女性の皆さまへ…

ピルの購入方法に悩んでいる女性の皆さまへ…

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。
ピルの購入方法と、オススメのオンライン診療アプリを紹介しました。



「やっぱり産婦人科が一番信頼できるかなぁ」
「何かあったときアプリだと対応してくれないかも…」

ここまで読んでいる方は、こんな不安からピルの購入を躊躇しているかもしれません。

たしかに、緊急時や検査・検診などのときは、産婦人科に行く必要があります。
信頼できるかかりつけの医師がいれば、すぐに相談できるので安心感がありますね。


ただ、ひとくちに産婦人科といっても、医師や診察内容、ピルの値段が違います。

医師の説明が雑だったり、不要な検査をしていたり、料金が高かったり…
せっかく足を運んだのに、こんな理由から産婦人科を変える女性も多いです。

なかには、なかなか信頼できる医師と巡り合えず転院を繰り返す方も…。


スマルナでは、病院勤務・開業している現役医師から診察先を自由に選べます
スマホでやりとりして対応が気に入れば、実際に通院することも可能。

わざわざ産婦人科に出向く必要なく、医師の雰囲気を見極められるんですよ。

また、医師や看護師、薬剤師などに無料で相談できるのもポイント。
万が一何かあったときでも、すぐに指示を仰いで行動に移せるので心強いです。


スマルナを利用すれば、手軽かつ安全にピル服用をスタートできます。
産婦人科選びにも役立ちますし、まずは一度ピルを購入してみるのがオススメ。

登録から処方までたったの1時間ですし、最短で翌日にはピルが手元に届きますよ。


スマルナのダウンロードは↓から簡単にできるので、ぜひご利用くださいね。