アフターピルと低用量ピルの違いは?用法・用量や効果について解説

アフターピルと低用量ピルの違いは?用法・用量や効果について解説

公開:

アフターピルや低用量ピルなど、ピルにはさまざまな種類があります。
ピルと聞くと避妊効果で知られていますが、PMS(月経前症候群)月経困難症の治療にも使用されているんです。
いまや、ピルは女性にとって身近な存在。

でも、アフターピルや低用量ピル、それぞれの服用方法や効果を知っていますか?

「アフターピルと低用量ピルってなにが違うの?」
「低用量ピルはアフターピル代わりになる?」
「アフターピルも低用量ピルみたくPMSに効果があるもの?」

女性の中には、そんな疑問をお持ちの方も少ないないでしょう。
今回は、アフターピルと低用量ピルの違いや、服用方法、その効果について解説していきます。

記事の最後には、オンライン診察でピル処方、通販が可能なアプリもご紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いください。

アフターピルと低用量ピルそれぞれの特徴

アフターピルと低用量ピルそれぞれの特徴

冒頭でもお伝えしたように、ピルにはアフターピル低用量ピル中用量ピルなどさまざまな種類があるんです。
今回は、ピルのなかでも代表的な、アフターピルと低用量ピルについて詳しく解説します。

この項目では、アフターピルと低用量ピル、それぞれの詳細にくわえ、メリット・デメリットなどをお伝えしますね。

アフターピルの特徴

アフターピルは、モーニングピル、緊急避妊ピルなどとも呼ばれる緊急避妊に用いられるピルです。

アフターピルは、避妊に失敗したと思われるタイミングから、72時間以内に服用すれば、高い確率で妊娠を防げます。
性交渉後に妊娠を防ぐ確率が最も高く、「最終手段ともいうべき避妊法」といわれているんですよ。

アフターピルは、妊娠のリスクがある性交渉から、ピルを服用するまでの時間が早ければ早いほど避妊効果を得やすいといわれています。

そのため、72時間以内の服用する必要があるといわれているんです。
しかし、もしリスクのある性行為から72時間を超えてしまっても、120時間以内に服用すれば、一定の避妊効果を得られるんですよ。

とはいえ、月経や排卵日などにも影響があるので、不安がある場合は、自己判断せずに婦人科の医師に相談するようにしましょう。

アフターピルのメリット

  • 避妊をしない行為、低用量ピルを飲み忘れていた場合に服用すれば高い確率で妊娠を防ぐ
  • リスクのある行為後に服用すればいいので、低用量ピルのように毎日服用する必要はない

アフターピルのデメリット

  • 避妊効果は100%ではない
  • リスクのある行為から服用までに72時間以上時間が経過するとじゅうぶんな避妊効果を得られない
  • 吐き気や倦怠感などといった副作用が現れる場合がある

アフターピルについての詳細は、以下の記事でご紹介していますので、ぜひこちらもご参考にしてください。

低用量ピルの特徴

低用量ピルは、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロン配合の薬剤です。
毎日同じ時間に服用することで、99.9%の確率で妊娠を防ぐ効果があります。
また、飲み忘れを考慮しても、約92%ほどの避妊率が期待できるんですよ。

このように、低用量は避妊効果が非常に高く、服用を続けている期間は避妊効果がずっと継続します。
くわえて、月経周期も安定するので、生理の管理がしやすくなるという面も。

しかし、低用量ピルには副作用として、飲みはじめの頃に不正出血の経験をする方が約20%ほどいらっしゃいます。
とはいえ、これは一時的なもので、内服を続けるうちに症状は落ち着いてくるんですよ。

低用量ピルは、アフターピルよりも確実に避妊をすることができ、副作用が少ないので、避妊目的の場合は一般的に低用量ピルが処方されます。

また、低用量ピルには、月経痛やPMSの緩和のほか、過多月経、子宮内膜症を改善する効果、ニキビ改善の効果がきたいできるんです。

低用量ピルのメリット

  • 99.9%の確率で妊娠を防げる
  • 月経周期が安定する
  • 月経痛の緩和や、PMS症状の緩和、過多月経、ニキビの改善が期待できる

低用量ピルのデメリット

  • 毎日1錠服用しなければならず、飲み忘れてしまうと避妊効果が下がってしまう
  • 一過性の副作用(不正出血、吐き気、頭痛、胸のはり)が出現することがある
  • まれに血栓症が起こることもある

アフターピルと低用量ピルの効果の違い

アフターピルと低用量ピルの効果の違い

アフターピルと低用量ピルの違いは、服用のタイミングと薬剤の数にあるでしょう。

すでにお伝えしたように、アフターピルは、妊娠のリスクがある行為から72時間内、もしくは、120時間以内に1錠服用する必要があります。
たいして、低用量ピルの服用は、毎日1錠服用する必要があるんです。

アフターピルは緊急的な避妊のために使用するもので、低用量ピルは継続的な避妊、生理痛やPMS症状などの月経に関する症状の緩和や、月経周期を正常に保つためにも使用されます。

アフターピルと低用量ピルの併用や代用について

アフターピルと低用量ピルは、基本的に併用しても問題はありません。
しかし、すにで低用量ピルを服用している場合は、じゅうぶんな避妊効果を得ている状態といえるので、アフターピルを飲んでもあまり意味はありません。

ただ、低用量ピルを飲み忘れてしまっているタイミングで、妊娠リスクのある行為があった場合は、アフターピルを服用すると安心ですね。
その後、改めて低用量ピルの服用を再開しても問題はありませんよ。

また、同じ避妊効果があるのだからと、低用量ピルをアフターピルの代用にと考える方もいらっしゃるかもしれません。

結論からお伝えすると、低用量ピルをアフターピルの代用として使用することは、医学的に推奨されていません。
低用量ピルをアフターピルのように服しても、アフターピルと同様の避妊率は保証されないんです。

処方薬であるピルを本来とは違う方法で服用した場合、じゅうぶんな効果が得られないほか、副作用のでる可能性が高くなってしまうなどのリスクも想定されます。

急遽アフターピルが必要になった場合でも、低用量ピルで代用するなどせず正規のアフターピルを処方してもらうようにしましょう。

オンライン処方でピル処方ができるサービス3選のご紹介

前項目までは、アフターピルや低用量ピルの違いについてご紹介しました。
この項目では、スマホひとつでオンライン診察からピル処方までが可能なサービスを3つご紹介します。

どのサービスも、自宅にいながら医師の診察のもとピル処方なサービスです。
お仕事や家事、学校などで、なかなか通院できない方や、婦人科に行くことに抵抗があるという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

pills u(ピル ユー)

Pills U

pills u(ピル ユー)のオススメポイント

会員登録や専用アプリのDLが不要で診療可能

最短で翌日にはピルを発送してくれる

誰にもバレずに安心・安全にピルの利用ができる

pills u(ピル ユー)は、スマホやPCでオンライン診察、低用量ピルの処方・通販で購入できるサービス。

会員登録や専用アプリのインストールなど、わずらわしい手続きが一切不要で、お手軽に医師の診察を受けられることが特徴です。

また、ピルが郵送される際、内容の表記は「化粧品」と書かれるため、誰にもバレずにピルを入手することができますよ。

pills u(ピル ユー)については、以下の記事で詳しくご紹介しています。

安心・安全に低用量ピルの処方が可能な、pills u(ピル ユー)について知りたい方は、公式サイトからもぜひご確認してくださいね。

pills u(ピル ユー)の公式サイトはこちら

クリニックフォア

クリニックフォア

クリニックフォアのオススメポイント

国内最安値を追求!お得な価格のピルが購入できる

アプリ不要でオンライン診察・ピル処方が可能

オンライン診療から最短で翌日にピルが到着

クリニックフォアは、オンライン診療で低用量ピルや中用量ピルが購入できるオンラインピル処方サービスです。

スマホやOCでオンライン診察を受けることができ、最短で翌日にはピルが手元に届きます。
専用アプリのインストールなどは不要なので、ものの数分で手続き可能ですよ。

クリニックフォアの詳細は、下記記事でご紹介しています。

また、クリニックフォアは「国内最安を追及」しており、実際にピルの料金は2,783円(税込)~と低コストです。
とはいえ、ピルは国内承認薬で、安心・安全なもの。
コストを抑えたピル処方をご検討の方は、公式サイトで詳細を確認してみてはいかがでしょう?

クリニックフォアの公式サイトはこちら

スマルナ

スマルナ

スマルナへのオススメポイント

超低用量・低用量・中用量・アフターと幅広い取り扱いがある

国内で認可・使用されている信頼性の高いピルのみ取り扱い

テキストチャット・ビデオ通話の2種類から診察方法を選択可能

スマルナは、「生理痛、PMSに悩む女性が選んだピル処方サービス支持率 No.1」[※]
と、女性からの信頼と支持を誇っているピル処方アプリ。

病院での処方より少し値段は上がりますが、自宅にいながら医師の診察をアプリで受けることができ、低用量ピルからアフターピルまで入手することができます。

スマルナについての詳細は、以下記事からご確認いただけます。

ピルはポスト投函で、家族にも誰にも知られることなく入手可能。
突然ピルが必要になっても、最短翌日にはピルが手元に届くので、困ったときにも安心ですよ。

詳しくは、スマルナの公式サイトからご確認ください。

スマルナの公式サイトはこちら


[※]【調査概要】
調査企画:日本マーケティングリサーチ機構
調査概要:2021年2月期_ブランドのイメージ調査
【調査手法、期間】
調査手法:インターネットでのアンケート調査
調査期間:2021年1月12日~2021年2月4日
備考:ブランドのイメージ調査となります。/本調査は個人の企業名や商品にもつイメージのアンケート聴取を元に集計しております。

アフターピルと低用量ピルは目的にあったものを選ぶと◎

今回は、アフターピルと低用量ピつの違いについてご紹介しました。
アフターピルと低用量ピルの違いは、使用するタイミングや目的によって異なります。

両方とも主に避妊目的ですが、低用量ピルはPMS(月経前症候群)や月経困難症の治療にも用いられます。
低用量ピルを服用していればすでに避妊効果を得ているので、アフターピルの服用は必要ありません。

避妊に失敗した時、または、PMS(月経前症候群)や月経困難症などの生理にまつわる不調をお持ちの方など、目的に合ったピルを服用するようにしましょう。

急を要する避妊、生理に関する不調のお悩みには、目的にあったピルを処方してもらうことが必要。
ですが、ピルを処方してもらうために病院に通う時間がない、病院で「ピルが欲しい」と言い辛いなどの悩みをお持ちの方も少なくありません…。

しかし、今はスマホやPCを使い、オンライン診察でピルを処方してもらうという方法があるんです。
病院に通う必要なくピルが手に入るので、忙しい女性や婦人科に通うことに抵抗がある女性にもオススメ!

とくに、今回ご紹介したpills u(ピル ユー)は、専用アプリのインストールだけでなく、会員登録も不要なので、お手軽にオンライン診察を受けることができます。
クリニックに在籍の信頼のおける医師が診察し、国内承認薬のピルを処方してくれるので、安心・安全ですよ。

避妊、月経周期の調整、PMSに悩んでいる…など、ピルを入手する理由は人それぞれ。
ピルを服用することにより、これらの問題から解放されれば、より生き生きとして生活を送れるでしょう。

この機会に、ぜひオンライン診察からのピル処方を検討してみてください。

pills u(ピル ユー)の公式サイトはこちら


【関連記事】